2017年7月1日土曜日

食事を運ぶ

こんにちは、マザーリーフ事務局です。
食事はできるなら家族一緒に食べたいですね。
でも子どもは部屋から出てこない・・・
今日はそんなご相談にお答えしてみたいと思います。

《ご相談》
家族とは一緒に食事をしないので部屋に運んでいますが、それでいいのかなと思います。



《お返事》
部屋から出てこない子どものために、母親が部屋まで食事を運ぶ、
というシーンがテレビドラマでよく出てきます。
あるドラマでは、毎食事に母親が手紙を書いて渡していました。
その母親の努力を思うと頭がさがる思いがします。
でも、なぜそこまで親子が断絶してしまったのか・・・
引きこもってしまった子どものことを考えると、これまた心が痛くなります。

一般的に、引きこもり支援では、「食事は運ばない」が基本と言われています。

部屋にこもっていることが当たり前となってしまっているので、
親もほぼあきらめてしまったり、
下手に声をかけてもめたくなかったり、
子どものことを怖いと感じる親御さんもいらっしゃいます。

食事は、「ダイニングのテーブルに置いてあるよ」と伝え、
家族がいない時間に出てきて食べてもよいし、
自分で自分の部屋に運んでもよいし、
とにかく今までと家の空気を変えていくことが大切です。

本当は一緒に食べられるのがよいのですが、
なぜ避けるのかな?
親は何か言ったかな?
それを考えたり、子どもに聞いたりして
もし謝るべきことがあるなら謝り、
今度からはそういうことは気をつけると約束することも必要かもしれません。

諦めるのではなく、また、ただ待っているだけではなく、
小さなことから少しずつ家の空気を変えてみてください。
時間はかかるかもしれませんが、きっとお子さんに伝わると思います。




不登校に関するご質問があれば右のフォームからお気軽にどうぞ。
すぐにはお返事ができないかもしれませんが、
コーヒーでも飲みながらゆっくりお待ちくださいませ。