2017年3月27日月曜日

登校刺激

こんにちは、マザーリーフ事務局です。
学校に行くように言うことを「登校刺激」といいます。
今日はこれについて考えてみたいと思います。


《ご質問》
学校に行くように言うことはよくないのでしょうか。

お返事

「ゆっくり待つのが大事で登校刺激は避けるべきだ」という意見もありますが、
「ただ待っているだけではいけない、登校刺激も必要だ」という意見もあります。
 どちらが正しくてどちらが間違っているというわけではありません。 
お子さんの状態も性格も違うので、百人百様。 
同じ対応をしてもうまくいく場合も、いかない場合もあります。 
でも、その子の回復の段階に応じた働きかけが大切なのは間違いありません。
心身ともに疲れて動けなくなっている子どもにかける言葉と、
だんだんエネルギーをためて元気になってきた子どもにかける言葉は違いますね。

 今はまだ学校の話はやめよう、と思うのか、 
 そろそろ学校の話題を出しても大丈夫、と思うのか、 
 お子さんの心の状態をしっかり見極めることがとても大切です。 
 
そのためにも、親が一人で抱え込むのではなく、カウンセラーや先生と一緒に支え、
複数の目でお子さんを見守っていくことも大切ですね。  

「親としては登校してほしいと思っているが、決めるのはあなた自身だよ」
「もしあなたが自分で決めたことならお父さんお母さんはそれを応援するよ」

こういう姿勢で話していただきたいなと思います。

親自身の焦りが強く、冷静に話す自信がない、という時は、まだ時期尚早で、
最後は喧嘩になったり、親の意見を押し付けたり、説教になったりします。
そうなってしまってはまたお子さんのエネルギーを奪ってしまうことになりますので、
ここはしっかり考えていただきたいなと思います。



不登校に関するご質問があれば右のフォームからお気軽にどうぞ。
すぐにはお返事ができないかもしれませんが、
コーヒーでも飲みながらゆっくりお待ちくださいませ。