2017年11月20日月曜日

進路ガイドブックTOMORROW


こんにちは、マザーリーフ事務局です。
大和郡山市学科指導教室「ASU」と天理市教育センターとで
今年も進路ガイドブック「TOMORROW」を作成しました。



中学卒業後の進路についてイラスト入りでまとめてあります。

高校と一口に言ってもいろいろあります。
また、受験のシステムや入学後の学校生活についても書いています。
特に、後ろの私立高校へのアンケートはとても貴重なデータです。

ほしい方はお問い合わせ欄よりメールをくださいね。


不登校に関するご質問があれば右のフォームからお気軽にどうぞ。
すぐにはお返事ができないかもしれませんが、
コーヒーでも飲みながらゆっくりお待ちくださいませ。

2017年11月18日土曜日

ディアディアカフェのご報告

こんにちは、マザーリーフ事務局です。
今日は奈良県不登校親の会ネットワーク「ディアディア」のイベントでした。
不登校を経験された大学生の方の貴重な体験談を聞かせていただき、
今日もたくさんの学びがありました。


参加者の感想は こちら にアップしておりますので、ぜひご覧ください。



不登校に関するご質問があれば右のフォームからお気軽にどうぞ。
すぐにはお返事ができないかもしれませんが、
コーヒーでも飲みながらゆっくりお待ちくださいませ。


2017年11月12日日曜日

不登校体験発表会






こんにちは、マザーリーフ事務局です。
朝日新聞に18日の発表会の記事を載せていただきました。
こちらは、不登校を体験した大学生が発表してくれます。
詳しくはこちらをご覧ください。







不登校に関するご質問があれば右のフォームからお気軽にどうぞ。
すぐにはお返事ができないかもしれませんが、
コーヒーでも飲みながらゆっくりお待ちくださいませ。




2017年11月8日水曜日

子どもの元気・やる気を奪う言葉

こんにちは、マザーリーフ事務局です。
親が言いたくなるけれど、言ったら子どもの元気がなくなる。
そんなNGワードを7つほどお伝えします。
①行く高校ないよ。ろくな大人にならないよ。
  ・・・不安をあおる
②誰のおかげで・・。誰がお金出したと思ってるの。
  ・・・恩に着せる、権力を使う
③そんなこともわからないの。できないの。中学生のくせに。
  ・・・批判をする、ばかにする
④勝手にすれば。もう知りません。何も相談しないで。
  ・・・突き放す
⑤~しないとお小遣いなし。~へ連れて行かないよ。
  ・・・脅す
⑥あんたなんか嫌い、あんたはほんとダメな子ね。
  ・・・人格を否定する
⑦お兄ちゃんはもっと頑張っていた、妹は素直でかわいいわ。
 ・・・比較

どうでしょうか。
子どもをよい子にしたいと思って親は言っているのです。
でも子どもの心を傷つけてしまう言葉です。
もしそのとき、言うことを聞いたとしても、傷は残ります。
親として感情に任せて言うことがないようにしたいものですね。




不登校に関するご質問があれば右のフォームからお気軽にどうぞ。
すぐにはお返事ができないかもしれませんが、
コーヒーでも飲みながらゆっくりお待ちくださいませ。


2017年10月31日火曜日

スキンシップ

こんにちは、マザーリーフ事務局です。
スキンシップは不登校のお子さんに非常に効果が高いのです。
これを利用しない手はありませんね。

《ご相談》
小学3年生の娘は私に膝の上に乗ってきたり、手をつないできたり、まとわりついてくるのですが、どうしたらいいでしょう。



《お返事》
スキンシップは「好き」という気持ちの表現です。
お子さんはお母さんのことが大好きでたまらないんですね。
大好きなお母さんと触れ合っていると心が安心するんですね。

学校に行けないお子さんの不安がそれで少なくなるのなら、
お子さんの元気が早くたまるのなら簡単なことです。
1円もお金もかかりません。

「おはよう」と言いながら軽く肩をポンと叩いたり、
こたつの中で足が触れ合ったり、肩凝ってるね〜とマッサージしたり、
足をもんでやったりすると、お子さんはきっと大喜びです。

まだ今ならハグしてあげることもできますが、
これが中学生くらいになるとなかなかできなくなります。
今だからチャンスです。

最初は意識して努力もちょっと必要かもしれませんが、
そのうち自然とできるようになります。
まずは形から。
そのうち、スキンシップが普通になってくると、お母さん自身が
お子さんの温かさや柔らかさに癒されると思います。




不登校に関するご質問があれば右のフォームからお気軽にどうぞ。
すぐにはお返事ができないかもしれませんが、
コーヒーでも飲みながらゆっくりお待ちくださいませ。


2017年10月30日月曜日

親が勉強する

こんにちは、マザーリーフ事務局です。
子どもに言って一番効果のない言葉は「勉強しなさい」です。
でも一番親が言う言葉はこれなんだそうです。皮肉ですね。

《ご相談》
学校に行かなくても勉強はしてほしいのですが、どのように持っていけばいいでしょう。
《お返事》
これは難しいご相談です。
勉強するのはお子さんであって、本人をその気にさせるのは至難の業。
ましてや学校に行けない状態のお子さんはエネルギーが枯渇しています。
まずはパワーをためることが先決です。

それでもあえて、親ができることを探すなら、
親が勉強することです。

読書でもいいですし、何か資格を取る、漢字検定の勉強をする、など
親が勉強する後ろ姿を見せることは、不登校のお子さんに限らず、
とても効果的なことです。

それに親の気持ちが落ち着きます。
また、本に集中していると、無防備な状態になり、
子どもは親に見張られている感じがしなくなります。
そうすると、子どもは話しかけやすくなるものなんですよ。

ただし、お母さんも勉強してるんだからあんたもしたらどうなの。

といったことを言ったり態度に出すのは逆効果であるのは
言うまでもありません。






不登校に関するご質問があれば右のフォームからお気軽にどうぞ。
すぐにはお返事ができないかもしれませんが、
コーヒーでも飲みながらゆっくりお待ちくださいませ。


2017年10月29日日曜日

面前DV

こんにちは、マザーリーフ事務局です。
「面前DV」という言葉をご存知でしょうか。
新聞で連載されていた記事をご紹介します。

簡単にいうと、
自分がたたかれなくても、誰かがたたかれるのを見るだけでも
子どもの心には一生の傷が残る、ということです。

ましてやそれが家族の中で行われると、傷は深く深くなります。
そのときは大丈夫に見えても、思春期になって出てくることもあります。

家庭は子どもにとって安心できる場でなければならないし、
親はそうあるように努めなければならないと思います。
でもそれができない状況がある場合、どうぞひとりで抱えずに、
誰かに、できれば専門家に相談してくださいね。
できるだけ早く。









不登校に関するご質問があれば右のフォームからお気軽にどうぞ。
すぐにはお返事ができないかもしれませんが、
コーヒーでも飲みながらゆっくりお待ちくださいませ。